日々是精進也

pinboke20.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:登山( 342 )


2014年 09月 21日

鹿島槍~五竜縦走

土日を利用しまして北アルプス有数の難所

「八峰(はちみね)キレット」

の攻略に行ってきました
本当でしたら月曜日も休みたかったのですが・・・無理

ってことで1泊2日の弾丸ツアーです

c0169106_2029114.jpg


概略はキレット小屋にあるこの地図が分かりやすいかと思うのですが
普通は五竜山荘か冷池(つめたいけ)山荘に宿泊してキレット越えをするものですが
一部のアホ健脚な方々(オイラ除く)は一気にキレット小屋まで来てしまうのです

ちなみこのキレット小屋
お名前通りにキレットの先の谷間にあります

c0169106_20314049.jpg


こんな感じで・・・


おかしいでしょ!
ということでこのエリア88に出て来そうな小屋に泊まってみたく行ってまいりました

c0169106_20323137.jpg


c0169106_2032419.jpg


柏原新道を上がりますともう秋がかなり進んでました
そして寒い・・・きっつー

さらにここで大誤算
とある事情でペース配分がくるってしまい爺ヶ岳の手前でももが爆発
こっから鹿島槍の山頂までが地獄でした
情けないったらありゃしない、1か月登らないと体が鈍ります

c0169106_20353191.jpg


c0169106_20352327.jpg


雲は多め、そしてオイラの足の痛みも多め・・・
鹿島槍の美しさが鎮痛剤でした

こっから先は写真なし
ぶっちゃけ撮れる余裕なし
気になった方は実際に歩いてみるべし
一眼で撮れない理由が分かります

c0169106_20373310.jpg


これも登山道(鹿島槍側)

c0169106_20375867.jpg


これも登山道です(五竜側)

写真でみると登山道が写らねぇ!
ようはそんな感じの所を2500mの高さで歩けってことです

c0169106_20401618.jpg


雲海の中に島のように浮かぶ山々
どれがどれだか分かりますか?

c0169106_20412145.jpg


そんな感じで五竜の山頂に着きますとそこから先が魅力的に魅せてきます

c0169106_20422245.jpg


目の毒です
残念ですが・・・

c0169106_2042327.jpg


俺はこの下山ルートを選ぶゼ

c0169106_20445750.jpg


振り返りますとそびえる五竜
男らしい山です
鹿島槍の女性的な感じとはまた違う良さがありますね

c0169106_20455213.jpg


c0169106_2046475.jpg


下山途中の木々もかなり色づいてました
今年の秋は本気で速いです

こりゃあっというまに散ってしまいます

ということで弾丸縦走でしたが

楽しかった+怖かった+痛かった+疲れた

とごちゃ混ぜな感じです、ですが正直「面白い」ルートです
初心者お断りな感じがありますが注意すればリスクはかなり回避できると思います
ただし数メール段差の岩場で「怖い」と思った経験があるなら引き返しましょう

八峰キレットはそんな場所です

そのかわりキレット小屋の宿泊者は健脚揃いなんで面白い話がたくさんできます
私は体を鍛えなおしてまた挑戦しますヨ

by oyamasuki_Y | 2014-09-21 20:52 | 登山 | Comments(10)
2014年 08月 27日

甲斐駒ケ岳登山

c0169106_0404397.jpg


先週の土日ですが甲斐駒ケ岳登山をしてきました
最近山に目覚めた友人の案内もかねてなんですが私もかなり楽しんできましたヨ

天気はイマイチでしたが山頂で少しの間晴れたのと
恥ずかしがり屋の富士山が顔を出してくれたのは嬉しかったです

c0169106_0514244.jpg


今回は珍しく前泊

c0169106_0521183.jpg


どこもTシャツや手ぬぐいのデザインに力入れてます
個性があってどれも素敵です


c0169106_0523831.jpg


c0169106_0524422.jpg


c0169106_0525171.jpg


ピントが合ってないがハンバーグ美味し!

c0169106_054283.jpg


ルートは見えたり見えなかったり・・・

c0169106_0543222.jpg


山頂付近でやっと晴れてきて摩利支天が見えてました
行こうか思いましたが視界が微妙なんでヤメ

次の機会にとっておきます
ってすでに3回目の甲斐駒なんですが・・・

c0169106_1163078.jpg


c0169106_0555252.jpg


次狙うは北岳かここ鳳凰三山かな?


一緒に行かれた方々、楽しんでいただけましたでしょうか?
またこりずに誘ってください、とても楽しかったです



お疲れ様でした、今週は疲れを癒してくださいネ

by oyamasuki_Y | 2014-08-27 07:30 | 登山 | Comments(2)
2014年 08月 02日

焼岳登山

c0169106_21284263.jpg


先日の金曜日ですが焼岳登山してきました
前回はガスガスで何も見えず今回はリベンジです・・・


が、天気予報は曇りのち雨
しかも前日は豪快な雷
非常に不安な天気でした・・・


が!予想を反してのドピーカン
姪っ子の晴れ女パワーがさく裂しました
でかした、飴をやろう

c0169106_21305846.jpg


c0169106_21311053.jpg


最高だ、久々の晴天登山
楽しいにも程があります
木曜日までの疲労蓄積が吹っ飛びました
本気で辛かったのですが・・・不思議です

c0169106_21331769.jpg


c0169106_21333182.jpg


槍まで見えます
この時期では珍しいほどの眺望ですね

c0169106_2139222.jpg


このルート(写真左⇒右)行きたいなぁ

c0169106_21362223.jpg


梅味おにぎり美味し!(100円ver 2度目)

c0169106_21361154.jpg


大気の状態が不安定なんで空が生きています
躍動感たっぷりです

のぺーっとした青空より好きですね

c0169106_21382775.jpg


c0169106_2138346.jpg


もうすでに4度目の焼岳ですが何度登ってもいい山ですね
手軽に最高の眺望を拝めるのがまたいいです


また行きます!

by oyamasuki_Y | 2014-08-02 21:41 | 登山 | Comments(0)
2014年 07月 31日

明日は焼岳

c0169106_22411398.jpg


天気は難しいなぁ・・・
晴れかもしれませんが曇りかもしれません


一番心配なのが雷雨でしょうか
今日の雷雨は結構激しかったですね(今は晴れて星空でてますが)


まぁ低山なんでのんびり考えよう
雨降っても面白い山ですしね~

by oyamasuki_Y | 2014-07-31 22:43 | 登山 | Comments(0)
2014年 07月 22日

機材

c0169106_21493396.jpg


先日の登山でアウターとインナーと靴は揃ったなと確信しました
ですが今度はザックがご臨終寸前・・・


燕登った時にずぶ濡れに染み込むことが発覚


もう7年使っているしなぁ・・・
そろそろ新しいのと言いたいところですが欲を出してしまうのがいつもの悪い癖でして・・・
どうせなら45L以上にして縦走目的にしちゃおうかなと


どこにしようかなー



※低山用の30Lも追加で買わないと・・・

by oyamasuki_Y | 2014-07-22 21:57 | 登山 | Comments(0)
2014年 07月 20日

雨の燕岳

c0169106_1923376.jpg


先日は燕岳の登山へ行ってきました
どうしても母親が燕に登りたいそうで案内がてらですが・・・

天気は予報通りの雨
久しぶりのHeavyWetでした
ですが雨の中でも登山は楽しいと思える私はドMなんでしょうね
ちょっとした雨休みの時に見える風景は美しかったです


c0169106_19244230.jpg


これ程遠くまで見渡せるものなのですね
安曇野平野は美しいです

c0169106_19253281.jpg


雨とはいえCTは登り4Hなら上等かと・・・
私一人ならもっと速いのですが御年67歳の母が一緒でこれなら文句ありません

とは言うものの出発時間が早かったのでおのずと到着も早くなるわけでして・・・




何もすることがありません(外は暴風雨)
ですのでまずはココアでほっこり
生き返ります

c0169106_1929380.jpg


c0169106_19291427.jpg


オフィシャルグッズ多数、商魂逞しいですわ
しまいにゃトレッキングシューズも売ってますしここ燕山荘はもはや民宿です

c0169106_19305053.jpg


ザックも乾燥中
カメラも結露しまくりで写真も曇ってます

とかして遊んでいてもまだ暇
ってことで普段の睡眠不足を山小屋で解消
爆睡してました


ああ、なんて贅沢な時間


すると急に叩き起こされ完全に目が覚めていない状態で外に引きずられました

c0169106_19334671.jpg


するとやっとおがめた燕岳
いつ見ましても画になる山です

c0169106_19342625.jpg


本当だったらここをつたって大天井まで遊ぼうかな思ってましたが・・・今回はお預けです
次回は一人で来て槍まで縦走を狙おうと思います

c0169106_19364948.jpg


雨が降ってきたので戻ります
ですが間に合わず横殴りの暴風雨が直撃しまた乾燥室送りへ・・・

c0169106_19374090.jpg


夕飯はチーズ入りハンバーグ
これまた美味し!

c0169106_19381654.jpg


食後の支配人のホルン聞いて〆
演奏後辛そうでした(笑)


燕山荘は初めて泊まりましたが噂通りのおもてなしのレベルが違う山荘ですね
もはや民宿レベルです、標高2500m前後だということを忘れてしまう素晴らしい空間でした
次回は秋にでも訪れようかと思います



お世話になりました

by oyamasuki_Y | 2014-07-20 19:44 | 登山 | Comments(0)
2014年 07月 17日

明日は燕登山・・・

c0169106_239796.jpg


当然雨・・・
久しぶりのHeavy wet登山になりそうです・・・


燕山荘でまったりするか

by oyamasuki_Y | 2014-07-17 23:11 | 登山 | Comments(0)
2014年 07月 13日

西穂高岳登山

先週の台風8号による雨の被害はここ長野にも甚大な被害を及ぼしました
被災者のご冥福をお祈りするとともにいち早い復興を願っております

で、台風が過ぎたということは当然天気は晴れるということ
丁度週末、金曜日に急遽登山を決めました

場所は色々考えましたが一度アタックしてみたかった西穂高岳
自分の実力を試すにはちょうどいい山だと思いました

c0169106_18251744.jpg


ただ天気が本当に晴れるかどうかはそれこそ神頼み
朝はガスがかかっており厳しいかな思ってましたが蓋を開けてみればドピーカン
最高の登山でした

c0169106_18361533.jpg


登山前にガソリン注入!
さてアタック開始

ひとまず目標は・・・

・厳しくなったらそこまで(体力&恐怖)
・正午までに着かなければそこで引き返すこと(帰りのロープウェイ)
・帰りに辛ければ西穂山荘に泊まること

この3つを心に決めて行きました

9:00 ロープウェイしらかば平駅出発

c0169106_1829116.jpg


9:40 西穂山荘通過

帰りにまた寄らせてください

c0169106_18301696.jpg


10:20 西穂独標通過

双六や笠ヶ岳が良く見えます
いい感じです

ですがここからが本番
とんでもないところになってきます

c0169106_18313572.jpg


独標降りますとこんな感じ
丸を見ながら進まないといい感じに恐怖を味わえます
(ちなみに登山道の両サイドは予測するのがバカバカしくなるほどの断崖絶壁)

c0169106_18332629.jpg


10:45 ピラミッドピーク通過

この辺りから山頂まで行けると確信
実際山頂も近づいてきました
仮に行けた場合のCTも切れそうだと思い少しペースアップ

ですがノロノロ・・・だって怖いんだもんw

c0169106_1838353.jpg


11:20西穂山頂到着

フハハハ、山頂を征服したぞ

狙っていたCT(3.5H)を1H以上短縮しての登頂
思わずガッツポーズです
とは言うものの実は2人に抜かれてます、バケモノやw

c0169106_1841581.jpg


正面にはジャンダルム
槍や前穂、奥穂もちょっぴり見えます(この写真では奥穂が隠れてますね)

c0169106_1842577.jpg


笠ヶ岳や双六岳、槍へ通じる山々も見えます
いつかは行きたいですね

c0169106_18445536.jpg


振り返りますと乗鞍岳や先日登山した焼岳も見えます
あの時は天気が悪くてなーんも見えませんでしたがこういう位置関係でしたのね
上高地も当然見えます
手前のギザギザは登山道・・・というより岩山道?です

c0169106_18464532.jpg


100円おにぎり(梅味)美味し!

さて、そろそろおります

c0169106_18473871.jpg


名残惜しいですがしょうがないですね
また来ます!

c0169106_18492750.jpg


で、またこんなところ降りて・・・

c0169106_18495144.jpg


西穂山荘で朝から所々でお会いした山仲間と西穂ラーメンを食う
激しく美味し!


台風一過を狙った西穂登山、ウルトラ最高でした
また山頂に行けたとともにCTを大幅に短縮できたことが一番嬉しいですね
自信が付きましたよ


下山時にご一緒になりましたみなさん
お疲れ様でした&またどこかの山でお会いしましょう!

by oyamasuki_Y | 2014-07-13 18:54 | 登山 | Comments(2)
2014年 07月 11日

今年こそ・・・

c0169106_2141712.jpg


槍からここに来たいです
問題は週末のスケジュールがかなり埋まっているのが・・・


どないしょ

by oyamasuki_Y | 2014-07-11 21:05 | 登山 | Comments(0)
2014年 06月 29日

焼岳

足慣らしがてら焼岳へ登山です
お手軽に北アルプスの空気が体感できるいい山です
中の湯からのアタックならド楽勝なのもまたいい

c0169106_12987.jpg


天気が良ければの話ですが・・・
ガスってなんも見えん!

c0169106_12412.jpg


2300mコルでお察し状態

c0169106_13457.jpg


山頂はガス+爆風で休む気も起きず・・・
誰かの軍手が寂しそうに落ちてました

c0169106_135727.jpg


上高地側へ降りてきますと少し視界が開けてきました
雲海が綺麗です

c0169106_144662.jpg


やっと穂高が拝めました・・・
これで何も見えなかったらふて寝です

c0169106_15358.jpg


焼岳はこんな状態
まぁこの時期に晴れを求める方が無理ですネ

c0169106_161760.jpg


ご一緒したお友達はこの天気でも楽しんでもらえました
それだけでもよかったです
次は晴れたときに弾丸登山行きましょう!

c0169106_171624.jpg


降りてきて焼岳小屋まで来たのはいいですがこっから上高地までがまた遠いのなんの!
距離はおそらく蝶ヶ岳のルート位だとは思いますがなんせ森林帯ばかりなのでダレるのなんの・・・
初めて通りましたがやっぱこのルートは肌に合いませんわ

焼岳に登るなら中の湯ルート一択ですね


下山後は中の湯温泉でマッタリして帰宅
この山は午前中で全行程が終わるので大好きです



次は秋に行きたいですね

by oyamasuki_Y | 2014-06-29 01:12 | 登山 | Comments(0)