日々是精進也

pinboke20.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:登山( 320 )


2011年 09月 18日

八方尾根散策

昨日より3連休になりましたが初日は天気悪し
んで日曜日はというと「晴れ」予報が・・・

せっかくなんで気軽に楽しめる場所と言うことで八方尾根をトレッキングしてきました

天気予報は晴れですがやはり山には雲が多い・・・残念
ですが気分を入れ替えて山の写真ではなく雲の動きを狙ってみました

c0169106_1284862.jpg


下界はいい天気
山頂付近は雲だらけとまぁ寂しいトレッキングですが行きましょう

c0169106_1304169.jpg


結構急だなぁ・・・

More

by oyamasuki_Y | 2011-09-18 23:25 | 登山 | Comments(0)
2011年 09月 11日

焼岳登山

今週末の天気は思ったより悪くなさそう・・・
ということで急遽登山をしてきました

目的地は軽めにということで焼岳です


※さすがに腰の爆弾が心配なもんでして・・・


山域は1934年(昭和9年)12月4日に、中部山岳国立公園の特別保護区に指定された[3]。
焼岳は隣接する白谷山、アカンダナ山、割谷山と共に焼岳火山群を構成する。
この火山群中で現在も活動をしているのが焼岳である。有史後の噴火活動は水蒸気爆発がほとんどで泥流を生じやすい。
焼岳は飛騨山脈の中では最も活動の激しい活火山で、約2000年前には最新のマグマ噴火を起こしている。
焼岳の溶岩は、粘性が強いため溶岩ドームを形成する。
水蒸気噴火に伴い泥流として土砂を流すことがある。
現在でもたびたび地震群発を観測し、山頂付近には噴気口が活動中であり硫黄の噴出が見られる。


そういや活火山の登山は初めてです


c0169106_23291021.jpg


c0169106_23373616.jpg


最初はうっそうとした森を抜けます
したはドロドロ、まわりは笹だらけで思った以上に険しいですね~

c0169106_23383987.jpg


半分を過ぎますと突然開けます
そうしますと噴火口が見えますね

目指す場所はあの噴煙の先、北峰になります(南峰は立入禁止)

c0169106_2340812.jpg


c0169106_23401594.jpg


乗鞍もよく見えます、最高ですね
先日の甲斐駒の景色とは大違いです(しつこい)

c0169106_2341664.jpg


標高2300m、あと少しです
俄然やる気が出てきました

c0169106_23414980.jpg


だいぶ近づきました
硫黄のにおいが凄くします

ちなみにこれ毒性強いのですが・・・近づいて大丈夫なんかな?

c0169106_23424271.jpg


こんな感じで噴煙モクモク、温泉でも出るわけですわ

c0169106_23432193.jpg


北と南の分岐から覗く噴火口
この無骨さがタマリマセン♪

c0169106_23444621.jpg


笠ヶ岳もみえてきました、本当にあと少しです

c0169106_2345352.jpg


あの噴火口の向こうが山頂なんですがまるで度胸試しのような登山道です
(岩にキケンと書かれてますね)


そして抜けますと素晴らしいパノラマでした

more

by oyamasuki_Y | 2011-09-11 23:20 | 登山 | Comments(2)
2011年 08月 16日

甲斐駒ケ岳登山

今日でお休みは終わり
ってことで以前より考えてました甲斐駒の登山をしてきました

wikiより抜粋~

甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と長野県伊那市にまたがる標高2,967mの山である。峻険な山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰。ゆえに、日本百名山[1]、新日本百名山[2]、新・花の百名山[3]、山梨百名山[4]、日本百景に選定されている。

さて、行きましょう

c0169106_2293261.jpg


やっとゴールが見えました

この景色見れれば行程のほぼ半分ですかね?
頑張りましょう

c0169106_22104695.jpg


途中こんなところも通って・・・

c0169106_22111450.jpg


到着!
・・・・ってガスで何も見えん;;

c0169106_22114858.jpg


せっかくカミキリムシ(?)もいたのにねぇ・・・
しょうがない、降ります

c0169106_2213270.jpg


最後に仙水峠より摩利支天を望む

せっかく行ったのに何も見えず残念だねぇ・・・


結局行きに3時間半、帰りに4時間かかりました
ここでおかしい思うのは帰りのほうが時間が掛かっているところ
と言いますのも行きは双児山まわり帰りは仙水峠経由にしたのですがこの帰りが大誤算
北沢峠からものっそい遠い上に足場はガレ場

こりゃ進みません



甲斐駒、かなーり辛いです><
ですがそれ以上に辛いのは今日の登山に下ろしたてのトレッキングシューズを使用したために
現在両足が破壊されたことですね

・両足親指にマメがそれぞれ1箇所
・左足かかとにマメ1箇所
・右足かかとにマメが3箇所できしかもそれが全て潰れる


歩けません、何とかしてください(笑)




絶対リベンジしてやる!

by oyamasuki_Y | 2011-08-16 22:17 | 登山 | Comments(0)
2011年 07月 30日

車山高原トレッキング

二日目は車山高原をトレッキングしました
と言うのも今年はニッコウキスゲがとても綺麗に咲いたみたいだから見てみようとなりました

ですがこれは鹿対策を行った場所のみなんですよね~

住む場所を追いやられたのは人間のせいで鹿に罪はないのですがなんとも複雑な気分です


c0169106_22504093.jpg


ちなみに宿泊したのはこの「GREEN SOPT


料理も美味しいアットホームなペンションです
冬の撮影のベースキャンプにもってこいですね

More

by oyamasuki_Y | 2011-07-30 22:58 | 登山 | Comments(0)
2011年 07月 30日

木曽駒トレッキング

先日(先週)甥っ子と母親が遊びに来ましてちょいと木曽駒行ってきました

c0169106_0311637.jpg


朝の千畳敷カールはピーカン、いい天気です
ちなみに甥っ子はこの景観が氷河でできたんだと大喜び

・・・ってか私そんなことシリマセンデシタヨw

早速登りましょう

More

by oyamasuki_Y | 2011-07-30 00:45 | 登山 | Comments(4)
2010年 10月 17日

燕岳登山

今日は昨日に引き続き素晴らしい秋晴れ
ってことでかねてより計画していた燕岳登山をしてきました

c0169106_21463215.jpg


中部山岳国立公園内の常念山脈に属する。
中房温泉が登山口であり、大天井岳を経て槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点でもある。
北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切った稜線上にある。
花崗岩でできた独特の山体と、高山植物の女王と言われるコマクサの群生でよく知られている。
周辺のハイマツ帯には、ライチョウが生息している。
山名は、春の雪形が、ツバメに似ているためつけられた。
1915年(大正4年)の長谷川如是閑の『日本アルプス縦走記』で燕岳が記され、この10年前からの期間内で命名されたとする説がある

(wikiより)

c0169106_21502144.jpg


とても素晴らしい天気に恵まれてわたしゃ嬉しい限りでしたよ
後ろを振り返るとすばらしいパノラマが広がっておりました
ですが急登の噂は聞いてましたがまさかアレほどとは・・・


ぶっちゃけ崖やん(笑)

More

by oyamasuki_Y | 2010-10-17 22:08 | 登山 | Comments(8)
2010年 09月 10日

明神橋

c0169106_1395071.jpg


More

by oyamasuki_Y | 2010-09-10 01:40 | 登山 | Comments(2)
2010年 09月 08日

この鳥って?

c0169106_23492665.jpg


トレッキングの途中で見たこの鳥
これって雷鳥?キジ?うずら?


おいら鳥は分からないんで誰か情報plz

ところで・・・

by oyamasuki_Y | 2010-09-08 23:57 | 登山 | Comments(6)
2010年 09月 07日

秋の気配

先日よりちょいと山篭り(トレッキング)してましてお暇もらってました

c0169106_22571597.jpg


標高2000m以上の世界は秋の気配が凄かったです

どれどれ?

by oyamasuki_Y | 2010-09-07 23:12 | 登山 | Comments(4)
2010年 07月 26日

蝶ヶ岳登山

先日は急遽ですが蝶ヶ岳登山をしてきました
久しぶりの登山です

c0169106_0261428.jpg


さぁ行きましょう

c0169106_0263767.jpg


常念を隣にみながらひたすら登ります
にしても勾配がけっこうきつい上に岩ゴロゴロ
歩きにくい上に酸欠&不眠による疲労といよいよパトラッシュと天に召される時が近づきました

c0169106_0282581.jpg


大滝山との分岐、いよいよここから山頂まではあと少しです
俄然やる気が出てきました

c0169106_0291059.jpg


ついに着きました、山頂です
総距離6.2kmを4時間ちょっとで行きました

死にそうです

ですが周りは疲れが吹き飛ぶパノラマでした

More

by oyamasuki_Y | 2010-07-26 00:39 | 登山 | Comments(4)