日々是精進也

pinboke20.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:登山( 343 )


2014年 06月 29日

焼岳

足慣らしがてら焼岳へ登山です
お手軽に北アルプスの空気が体感できるいい山です
中の湯からのアタックならド楽勝なのもまたいい

c0169106_12987.jpg


天気が良ければの話ですが・・・
ガスってなんも見えん!

c0169106_12412.jpg


2300mコルでお察し状態

c0169106_13457.jpg


山頂はガス+爆風で休む気も起きず・・・
誰かの軍手が寂しそうに落ちてました

c0169106_135727.jpg


上高地側へ降りてきますと少し視界が開けてきました
雲海が綺麗です

c0169106_144662.jpg


やっと穂高が拝めました・・・
これで何も見えなかったらふて寝です

c0169106_15358.jpg


焼岳はこんな状態
まぁこの時期に晴れを求める方が無理ですネ

c0169106_161760.jpg


ご一緒したお友達はこの天気でも楽しんでもらえました
それだけでもよかったです
次は晴れたときに弾丸登山行きましょう!

c0169106_171624.jpg


降りてきて焼岳小屋まで来たのはいいですがこっから上高地までがまた遠いのなんの!
距離はおそらく蝶ヶ岳のルート位だとは思いますがなんせ森林帯ばかりなのでダレるのなんの・・・
初めて通りましたがやっぱこのルートは肌に合いませんわ

焼岳に登るなら中の湯ルート一択ですね


下山後は中の湯温泉でマッタリして帰宅
この山は午前中で全行程が終わるので大好きです



次は秋に行きたいですね

by oyamasuki_Y | 2014-06-29 01:12 | 登山 | Comments(0)
2013年 11月 09日

制圧

c0169106_8103710.jpg


これじゃ戦争ドキュメントで出てくる敵国上陸写真だよ
戦場に架かる橋じゃないんだから


センサー壊しますのでまねしちゃダメよ

by oyamasuki_Y | 2013-11-09 08:13 | 登山 | Comments(2)
2013年 11月 04日

24-70

c0169106_20232725.jpg


久しぶりに登山に使ったけど相変わらず描写が凄い
もうそろそろ新型(VR付)とか出してもいいくらい古いのに全く古さを感じさせない


でも重い


登山で使って絞って撮るとこりゃまたシャープ
広角がもう少し欲しいと思ってしまうが妥協できてしまう


でも重い


そうなんだよ、重いんだよねぇ・・・
もっと軽ければ本気で素晴らしいレンズなんですが



今回のようなお手軽登山ならいいけど穂高のような長距離登山には本気で嫌になります
もっと軽くして欲しいですね



ですが描写は本当凄いわ
さすが大三元の一角ですヨ

by oyamasuki_Y | 2013-11-04 20:29 | 登山 | Comments(0)
2013年 11月 03日

瑞牆の秋

登るときは見えませんでしたが下山の時に登山道を見てみると周りは黄金色の世界でした

c0169106_11333646.jpg


いい色出してますね

c0169106_1134166.jpg


c0169106_11341147.jpg


ここもじきに冬ですね
秋も終わりに見えます

c0169106_11345446.jpg


c0169106_1135687.jpg


c0169106_11494778.jpg


こんな岩がゴロゴロ
これが転がってきたら打ち返しますか?

c0169106_1150669.jpg


このコースタイムはおかしい
少なくとも+1時間は見ないといかんでしょう

約4時間が適正かと

c0169106_11512561.jpg


ふもとの駐車場はこんなにもきれいだったのですね
明るくなって初めて分かりました

c0169106_11521782.jpg


山の秋はいいですね
華やかさの中に寂しさがあります

by oyamasuki_Y | 2013-11-03 11:53 | 登山 | Comments(2)
2013年 11月 02日

瑞牆(みずがき)山登山

c0169106_21345434.jpg


今日は瑞牆(みずがき)山へ登山してきました

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)のこと。日本百名山のひとつ。

山名の由来は、山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する、また。『甲斐国志』では、玉塁と呼ばれる金峰山に対し、瑞塁を呼び習わしたとする説が紹介されている。古くからの信仰の山で、洞窟には修験者の修行跡や刻字が残り、山頂の西峰には弘法岩があり、空海開山伝説も伝わる。

全山が黒雲母花崗岩で形成される。南西部は風化や浸食の影響を受け、独特の岩峰が聳える景観を作っており、地元ではコブ岩と呼ばれる。

深田久弥は、この山を「針葉樹の大森林からまるでニョキニョキと岩が生えているような」と表現した。鋸岩、大ヤスリ岩など、岩々に名前が付けられている。

近くに黒森鉱泉(含炭酸食塩泉)、増富温泉(信玄の隠し湯、増富ラジウム温泉郷)がある。

(wikiより)

この山の標高は低いですが思った以上にハードです

c0169106_21373314.jpg


c0169106_21374530.jpg


こんな感じで岩がゴロゴロ
全身を使って登ってゆきます
これが意外とハードだったりします

だいたい4時間で山頂に着きますがそこからの眺望が最高です

c0169106_2139694.jpg


隣には金峰山

c0169106_21391325.jpg


ゴロゴロした山頂からはすばらしいパノラマが見られます

c0169106_21392374.jpg


甲斐駒も雪帽子をかぶる季節になりました
良く見えますね

c0169106_21393080.jpg


八ヶ岳も一望できますヨ


お手軽に素晴らしい景色が見られる瑞牆山、気に入りました
また行こうと思います

by oyamasuki_Y | 2013-11-02 21:42 | 登山 | Comments(0)
2013年 10月 15日

美ヶ原トレッキング

岳ママさんに触発され私も行きたくなり行ってきました。


装備:水+ドーナツ+カメラ


以上!
歩くだけならこれだけで十分。


で、いざ山頂に着くと・・・寒い!+爆風!


やっぱ秋だねぇ・・・忘れてました


c0169106_212983.jpg


景色は最高、穂高+槍を一望できます
流石美ヶ原

More

by oyamasuki_Y | 2013-10-15 21:19 | 登山 | Comments(2)
2013年 10月 03日

また行きたい場所

c0169106_744651.jpg


また行きたいなぁ・・・
何度行っても画になる場所ですね



もちろんここから奥までずーっと楽しめます



写真見るたびにうずうずします

by oyamasuki_Y | 2013-10-03 07:47 | 登山 | Comments(0)
2013年 09月 28日

ひたすら歩くべし

上高地から北穂までは強烈に長い道のりですね
2度めですが歩いてて思考が停止します


特に帰りはゲンナリ・・・

改めてルート確認します
上高地から徳沢までは削除、あんなん散歩です

ってことでここから

c0169106_10252683.jpg


いつかは挑戦してみたいパノラマルートの入口新村橋

c0169106_1026076.jpg


横尾の槍との分岐になる涸沢への入口
ここから本当のスタート(ここまでは上高地です)

c0169106_10281783.jpg


木々の中を抜けて

c0169106_10283738.jpg


本谷橋通過
ここがほぼ中間です

c0169106_10292933.jpg


沢に掛かる橋を通るとここからいよいよ急登
涸沢まではガレ場の連続になります

c0169106_10302680.jpg


ここまできますともう少し
涸沢まであと1Hくらいでしょうか?

c0169106_10312448.jpg


涸沢到着
テントの花が咲き乱れてます

で、ここからが本番
今までのルートは四天王シリーズのAAみたいに「フフフ…奴は我々の中では最弱」という感じw



後はひたすら岩場を登るべし!


c0169106_10343344.jpg


世界がこんな風になればもう山頂まで一直線です
ただガレ場を抜けるとまたガレ場の繰り返しを行うのでイヤになっちゃいます・・・



全身使いますので意外と足のダメージは少ないですが夜はちゃんとケアしないと下山の時大惨事になりますのでご注意

by oyamasuki_Y | 2013-09-28 10:43 | 登山 | Comments(0)
2013年 09月 27日

The Big Dipper

19:18 北穂山荘

戻しそうになりながら飯をかっこみ気分最悪のまま外で涼むことにした
幻想的な日の入りも終わりすっかり暗くなったと思っていたが思った以上に明るかった

c0169106_18224918.jpg


この日の前日は中秋の名月
真東より昇る月は闇夜の太陽のように輝く
こうなると星は見えない
星を撮りたいのに困ったなと思いつつ北の空に目をやる

c0169106_1824444.jpg


闇夜に浮かぶ槍ヶ岳
そして天空に輝くは北斗七星
おおぐま座のしっぽを形成する七つの輝く星
満天の星空には少しさびしいがそれでも十分素晴らしい


遠くの灯りはおそらく富山平野だろう
そんな遠くに浮かぶ夜の光をぼーっと眺める



地上では考えられない贅沢な時間を過ごした

by oyamasuki_Y | 2013-09-27 18:31 | 登山 | Comments(0)
2013年 09月 26日

撮れましたか?

c0169106_10563799.jpg


上手く撮れましたか?
きれいですよね~

オススメはもうちょっと左の方に動かした方がいいデス

c0169106_10571793.jpg


燃え上がる空、いいね!

by oyamasuki_Y | 2013-09-26 11:02 | 登山 | Comments(0)