日々是精進也

pinboke20.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 29日

双六岳登山 Day1.2~双六小屋へ~

c0169106_21563218.jpg


今回とても気になったアングル
空中庭園のような鏡平小屋がいい味出してます


しばし見とれながらポカリ飲む


急登鬼ですわ

ダイジェストでつらつらと・・・

by oyamasuki_Y | 2015-09-29 22:16 | 登山 | Comments(2)
2015年 09月 28日

双六岳登山 Day1.1~鏡池~

c0169106_221255100.jpg


出発時は降っていた雨も途中で上がり鏡池まで行くと素晴らしい景色の歓迎を受けました
残念なのは風が少しあり逆さ槍が鮮明でなかったこと


まぁこれはこれでご飯がススム風景なんで良しとします

ダイジェストでつらつらと・・・

by oyamasuki_Y | 2015-09-28 22:27 | 登山 | Comments(2)
2015年 09月 27日

双六岳登山

c0169106_1714194.jpg


土日を利用して双六岳まで行ってきました
SW直後だったので小池新道はガラガラ
途中寄りました鏡平小屋や宿泊した双六小屋は疲れを癒すかのように静か
しかも売る物は何も無いという有様、まさに祭りの後でした


写真は鏡池に現れるもう一つの槍ヶ岳
現れましてもどこか寂しそうです



レポは明日からにでも・・・眠いです

by oyamasuki_Y | 2015-09-27 17:25 | 登山 | Comments(0)
2015年 09月 25日

西へ

c0169106_22153770.jpg


この辺に行きますか


ふらーり登山

by oyamasuki_Y | 2015-09-25 22:16 | 登山 | Comments(0)
2015年 09月 23日

SW

c0169106_12251839.jpg


どこの山も大盛況だったようですね
まぁ晴天+6連休のコンボではやむなしでしょうか


これからどんどん山は静かになりいよいよ晩秋のシーズンが始まります
実はこの時期が一番好きなんですよね
とても静かな空間で山との対話がじっくりできそうです



ただ台風が来ておらず雲が残りまくっているのが気になりますが・・・

by oyamasuki_Y | 2015-09-23 12:27 | 登山 | Comments(0)
2015年 09月 17日

山の秋

c0169106_2084464.jpg


そろそろ見頃ですね
ということで晴れてくれー!


頼むから晴れてくれー!

by oyamasuki_Y | 2015-09-17 20:09 | 登山 | Comments(2)
2015年 09月 14日

自分と山のBorderline(長文です)

c0169106_230057.jpg


書こうかどうしようか悩みましたがやはり呟かずにはいられませんでした
登山歴も大したことない若輩者ですが言わせていただきます
生意気かもしれませんがご了承ください


まずは写真の件ですが先日の土曜日に西穂の先で滑落事故がありました
西穂から向かい奥穂までのジャンダルム経由ルートで間の岳付近での滑落のようです
あそこは浮石だらけでとても危ないとよく聞きます

私も先日の西穂登山でその先を向かおうかと迷ってました
ですがその件を聞きまして引き返した次第です
やはり「怖い」と思ったら向かわない方がいいと判断したからです
亡くなられた方はどうやら始発のロープウェイ(6時発)でなく山荘に泊まって朝方出発したんだろうな思いました


ですが途中で滑落した模様です、ご冥福をお祈りいたします


で、ここ感じたのはベテランでもこういうリスクは絶対あるということ
改めて岩稜帯の怖さを思い知らされました


ですがここからが本題です
私は12時には山荘に着きましてそこで聞いた話や
同じ日の遅い時間に西穂ピストンを行った会社の同僚の話を報告します

私がちらっと聞こえた話
山荘12時着、そしてその日のうちに奥穂の山荘に向かうそうです
初めてなんだ、楽しみ~

友人が山頂ですれ違った人に聞いた話
山頂着13時、これからジャンダルム経由で奥穂に向かいまーす
どう見ましても山を始めたばかりのような人だったそうです


みなさんに聞きたいです
西穂から奥穂までどれくらいかかると思いますか?
4Hだから平気ですか?
それとも5Hはかかりますか?
はたまたCT通りの7H?

私は少なくとも午後になって縦走を行うという神経は毛頭ありません
CT通りなら山頂20時着ですよ?普通考えますか?
仮に5Hでも18時着、日の入り前だからいいじゃんって?
山荘は東横インのようなビジホじゃありません


早出早着


この言葉がすべてのはずです
はっきり言いましてそれを守れないのでしたら山では楽に死ねます
特に今の時期のように寒暖の差が激しい季節は楽勝で低体温症で気持ちよく昇天でしょう
さらに今週は雪マークも見えております

そんな季節状況、CTの見積もり、自分のスキル、体力、水の蓄え、行動食の蓄え・・・etcetc

全部把握できている人が何人いるのでしょうか?
私自身も先日に行った初夏の穂高縦走では水バテと熱中症を発症し自分の体力の限界を思い知りました
ですので私にはまだまだジャンダルムは無理だと判断して下山したまでです
登れなくても誰からも非難されませんしね


そのほかにも五竜を15時に出てきてキレット小屋へは19時にヘッデンなしで到着した団体も見ました

小屋に来た理由は「小屋が混んでいるから」

だったら早朝にでてくればいいじゃないですか
しかも21時過ぎまで下の自炊室でガヤガヤうるせぇ
眠れなくてブチ切れそうになりました

さらには天狗山荘ではみなが寝静まった21時に山荘に到着した3人組がいたそうです
私は19:30には寝てしまったので分かりませんが縦走できると思い白馬経由で来たそうです
さらに一人はヘッデンなし・・・・
パーティーに座頭市でもいたのでしょうか?


改めて聞きたいです



自分の体力の限界を知ってますか?
CTの計算はできてますか?
自分の体のコンディションを把握できていますか?


でないといつか死にますよ?
山で死ねるなら本望というなら止めません、限界に挑戦してください




長文&乱文失礼

by oyamasuki_Y | 2015-09-14 23:32 | 登山 | Comments(6)
2015年 09月 13日

西穂までお散歩

c0169106_19232498.jpg


土曜日の天気が良さそうなんで西穂まで散歩がてら登山
素晴らしい眺望です


今日はフラフラと写真撮りながら山頂を目指します


ところで今回の登山ですが山頂で超人と遭遇しました
8泊9日かけて剣の向こうからやってきた人がいたのです
ですがパックはたった20L、靴はボロボロ
登山いうより戦地から逃げてきた避難民のようにしか見えません 笑←本当にスイマセン
ただものじゃねぇ・・・本当に面白い人でした


その御仁はこのまま焼岳抜けて中の湯下山するそうな

そんなこんなで色々とイベントの多かった今回の西穂登山です

ダイジェストをつらつらと・・・

by oyamasuki_Y | 2015-09-13 19:54 | 登山 | Comments(2)
2015年 09月 09日

気がつけば…

c0169106_22531653.jpg


夏はどこへ?
というよりもう9月中旬まっしぐら・・・
秋真っ盛り待ったなし!


早いよー

by oyamasuki_Y | 2015-09-09 22:54 | Tsubuyaki | Comments(0)
2015年 09月 08日

唐松~白馬縦走 Day2~縦走断念~

c0169106_2272766.jpg


c0169106_2275418.jpg


c0169106_228594.jpg


食事に満足し日没前に少しいい表情を魅せた空
そのまま床に就きました

しかし目覚めますと聞こえるのは雨音
2日目は雨模様です
残念ですが縦走はここまでです


一番近い下山ルートは白馬槍ルートです
ということで駆け降りることにしました

c0169106_22105130.jpg


c0169106_22111296.jpg


c0169106_22114163.jpg


色々な空の表情が見られた不帰ルート、楽しかったです
また来ます、リベンジだっ

ということで駆け降りますとふと見えるはこのマーク

c0169106_2213048.jpg


♨マークですね
このルートは白馬槍温泉があります

c0169106_22134536.jpg


期間限定の白馬鑓温泉
混浴はないですが・・・ということらしいです(自分で調べてね)

私も来年は幕営装備揃えて必ずここに行きますヨ

そして気が付くと10時過ぎには猿倉荘
さびしいですが下山です
白馬鑓分岐を出たとき7:00でしたのでまずまずかと
この後風呂入ってうっすい味のラーメン食って無事帰宅
ラーメンの味同様あっさりも甚だしいです

とにかく消化不良満載の今回の登山
最近雨が多いのでこんなんばっかです
またスカーンと晴れた日に縦走したいものですネ



道中お会いしたみなさん、またどこかの山でお会いしましょうノシ

by oyamasuki_Y | 2015-09-08 22:20 | 登山 | Comments(2)